MENU

にむらさわ(仁村紗和) 出演作は?父親母親の家族構成やモデル時代も!

このサイトはプロモーションが含まれています

 

仁村紗和さんは2023年6月現在放送中の「わたしのお嫁くん」での独特なキャラクターが面白く、振り切った演技力が凄いと話題です。

仁村さんはモデルから俳優道に進んだのですが、これまでどんな作品に出演していたのか気になる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、にむらさわ(仁村紗和)さんの主な出演作品と、父親母親と兄弟の家族構成やモデル時代の活躍についてご紹介します。

目次

にむらさわ(仁村紗和) の経歴と主な出演作は?

生年月日:1994年10月13日(28歳)

出身地:大阪府枚方市

身長:164㎝

活動期間:2014年~

所属事務所:サンミュージックプロダクション

主な作品:「おちょやん」「青天を衝け」「あなたのブツが、ここに」

仁村紗和さんはモデルとして活動していましたが、高校性の時東京でスカウトされたのがきっかけで芸能界入りしています。

ナチュラルな太い眉がトレードマークの仁村さんは、2023年5月現在現在放送中の「わたしのお嫁くん」で、波留さん演じる速水穂香と高杉真宙さん演じる山本知博の仲を裂こうとするのですが、何ともコミカルで愛らしいんですよね。

ドラマや映画の多くの作品に出演していますが、主な出演作品と役どころをご紹介します。

NHK朝ドラ「おちょやん」 節子役

仁村さんは朝ドラのオーディションを5回以上も受けていて、初めて合格した「おちょやん」では芝居茶屋で働くお茶子・節子を演じました。

「おちょやん」出演で一躍注目を集め、その後「青天を衝け」を始め多くのNHKドラマに出演して存在感を示しています。

仁村紗和さんが出演したNHKドラマ

  • 大河ドラマ「青天を衝け」
  • 特集ドラマ「二十四の瞳」
  • 夜ドラ「あなたのブツが、ここに」
  • 「大河ドラマが生まれた日」
  • NHKスペシャル「南海トラフ巨大地震」

夜ドラ「あなたのブツが、ここに」山崎亜子役

仁村さんの演じた山崎亜子はキャバ嬢をしながら一人娘を育てるシングルマザーですが、常連客に声をかけてもらったことがきっかけで、運送会社でドライバーとして働くように。

仁村さんは普通免許を持っていなかったので、ドラマのために自動車学校に通ってわずか17日間で取得したそうですよ。

子供役として出演していた毎田暖乃さんとは「おちょやん」でも共演していたので、息もぴったりでしたね。

「わたしのお嫁くん」赤嶺麗奈(あかみねれいな)役

仁村さんは2023年6月現在放送されている「私のお嫁くん」で波留さんが演じる速水穂香の同僚・赤嶺麗奈を演じています。

赤嶺さんは高杉真宙さん演じる山本君の事が好きなのかと思われていましたが、そうではなく穂香の推しであることが判明しSNSで大きな話題に。

手作りの推しグッズが大量にあることが分かって『可愛い』『キャラがいい』などと言った声もあるんですよ。

https://twitter.com/Corisuka046/status/1656553710221402112

にむらさわ(仁村紗和) 父親母親と兄弟は?ハーフって本当?

仁村さんの父親母親の年齢は分かっていませんが、ダンサーをしている父親と一緒に撮った写真がSNSで公開されています。

音楽やダンスの好きな父親の影響で仁村さんはダンスを始め、仁村さん自身もダンスを職業に出来たらと思っていたんだそう。

「あなたのブツが、ここに」エンディングののキレッキレのダンスは父親のおかげと言ってもいいのかもしれませんね。

また仁村さんには4歳上の姉と2歳上の兄がいて、名前や職業は分かっていないもののインスタにも子供の時の写真を掲載しているので、きっと兄弟仲がいいのではないでしょうか。

にむらさわ(仁村紗和) モデル時代やデビューのきっかけは?

仁村さんは高校生のときからレースクイーンなどのモデル活動をしていましたが、高校3年生の夏にフェスを観に東京まで来たら計20社くらいからスカウトされたんだとか。

スカウトには美容院のカットモデルのようなものも含まれていたようですが、それだけ多くのスカウトのプロから声がかかるくらいオーラを放っていたのではないでしょうか。

その中でも、手紙をくれたサンミュージックなら安心して預けられると両親が言ってくれ、今の事務所に決めたんだそう。

ダンスをしていた仁村さんは身体で何かを表現したいと思っていたそうで、芸能の道でダンスを活かせたらいいなと芸能界入りを決意したそうです。

にむらさわ(仁村紗和) 出演作は?父親母親の家族構成やモデル時代も!まとめ

仁村紗和さんは2020年の朝ドラ「おちょやん」に出演したのを機に広く知られる存在になり、現在まで多くの作品に出演しています。

セリフが少なくても圧倒的な存在感を放つ仁村さんの活躍をこれからも楽しみにしたいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる